読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『SING』を観終わってイルミネーション・エンターテインメントのビジネスとしての安定感を知った。

f:id:arara-oyoyo:20170321003548j:plain

 いやぁ~、楽しかった。

終始ニヤけたまんまやった。

トーリー自体に意外性は無いけど、エピソードの妙が笑えるシーンなのでネタバレは一切言わんけど、ニヤけるシーンの一つが、タヌキのグループが歌うトコやった。 某本人が歌っとるワケじゃないとのコトだが可笑しい。

同時に、毛唐から見れば、日本のアイドルはタヌキに見えるというコトでもあるわな。

f:id:arara-oyoyo:20170321003601j:plain

こういった音楽モノは、オリジナルの歌を聞くべきと、オレは字幕版で観たんやけど、観終わって吹替版も気になったんよね。

国際的に公開される映画は、その国の事情に応じ、シーンの編集を行うこともある。(ex.商品を消したり、宗教的配慮でカットしたり、股間にモザイクかけたり)
ズートピア』における免許センターの対応など、事情を知らない他国の観客に対しては、登場人物のセリフを足して説明する必要が有ったりする。
そんな感じでアレンジされてしまう。
今回の『SING』の場合、もしかするとタヌキの登場は日本向けだけで、他国版には登場せんのやないか?とも思ったんよね。

そんな理由で吹替版も気になった。
でも、芸能人がアテレコやっとる作品は、ほぼ嫌い。


『SING』を観終わって、ちょびっと調べてみた。

 

なんかさ、ピクサー・アニメーション・スタジオの買収などでアメリカの映画界は、ディズニー一強やん?
そして、ディズニーの映画作りって、日本人好みのキャラクターじゃなくても(ex.『モアナと伝説の海』)、合格点は確保してくるんよねぇ。
そして、たまに『ズートピア』みたいなほぼ満点みたいな作品も出してくるから無敵。

しかし、この『SING』は『ミニオンズ』のイルミネーション・エンターテインメント作品。ユニバーサル・スタジオの子会社。
やっぱさ、こういったライバルがおらんといかんよ。
トヨタに対するニッサンマツダ、スバルみたいな感じでね。トヨタだけが走っとる世界って気持ち悪いやん。

f:id:arara-oyoyo:20170321163956p:plain

 Wikipediaに載っとったピクサーとイルミネーションの製作費と興行収入を見比べるとさ、ピクサーの製作費が10億ドルを超えるモノがほとんどで、20億ドルに達するモノが数作有るのに対して、イルミネーションの方は6.0~7.5億ドルの間にほぼ収まっとるんよね。

それでいて、乱暴な収益率(興行収入/製作費)は、ピクサーより打率がいい。

ほんで、もう一つ気付いたんやけど…

●フルCGって、そもそも製作費を読みやすい方法なんじゃないの?
アドインとかスキンとか、新しく作るんかもしれんけどさ、ディレクターが暴走せん限り、予算を守りやすいんやないの?
●続編なんぞ作ったひにゃ、新キャラ以外は前のデータ使いまわしにできるんやないの?
●ゲームなんぞ出来たひにゃ、データの輪姦じゃないの?

…って思っとったんやけど、続編が有った作品の製作費を眺めると…

トイ・ストーリー   3 億ドル
トイ・ストーリー2  9 億ドル
トイ・ストーリー3 20 億ドル

カーズ  12 億ドル
カーズ2 20 億ドル

って物価の上昇ばかりではない高騰っぷり。
ソフトウェア自体を変えたん?
モデリングからその都度やり直しとるん?
ポリゴン増えて、コンピューターをいいヤツに変えたん?
太陽光のリアルさが以前とは違うとかそんなんかな?
分からんなぁ~


『SING』も続編決まっとるみたいやけど、イルミネーションにはキッチリ10億円以下で仕上げて、ピクサーとの違いを見せつけて欲しいわ。

『Anime Japan 2017』がらみで気になった作品

「Anime Japan 2017」で特に気になったアニメ作品を選んでみた。
レジェンド再利用や!


交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション

f:id:arara-oyoyo:20170327104921j:plain

 日曜の朝7時からの放送見る為にアラームかけて、或る時は徹夜して見てから寝たりしとったわ。
なにしろ伏線が多かったで、推理するのが楽しみやったわ。
途中、作画がボロボロになってしもて、テンション落ちたり…
さて、劇場3部作とな!?
傷物語」みたいに短いヤツに3分割 とかにせんで欲しい。

映画 交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1 特報51s


Infini-T Force

f:id:arara-oyoyo:20170327104932j:plain

 科学忍者隊ガッチャマン宇宙の騎士テッカマン破裏拳ポリマー新造人間キャシャーンがタッグを組んだんか? タツノコアベンジャーズか?
現時点でのティザーPVは超カッコイイ。
こうやって並べると、テッカマンに胸のマークが無かったコトが悔やまれるのぉ。
ガッチャマンは一人なんか? パンチラないんか?
それにしても、古いキャラクターばかりうやのぉ。 まさしくタツノコアベンジャーズ


「Infini-T Force(インフィニティ フォース)」ティザーPV


劇場版マジンガーZ

f:id:arara-oyoyo:20170327104946j:plain

 現時点でなんも分からん。
ただマジンガーZがボロボロや。
宇宙戦艦ヤマト」みたいに、最初のシーンで外の汚れが落ちて、アフロダイAがオッパイむき出しで出てくるような展開に期待!
あしゅら男爵のシャワーシーンも期待!
永井豪の本質を復活させてくれ。


『劇場版マジンガーZ』(仮題)超特報映像


終物語

f:id:arara-oyoyo:20170327105009p:plain

これは新作?
Anime Japan 2017で解禁された。

4月7日からは「終物語」の「おうぎフォーミュラ」「そだちリドル」「そだちロスト」「しのぶメイル」の再放送が、毎週金曜日24時から放送される。


終物語  / AnimeJapan 2017 解禁PV

 

今更ながら、PC限定やけど、いろいろ罵倒されたい方に…

kodansha-box.jp

 

Anime Japan 2017 にチャレンジしてみた

※ 股間はもとより顔にもモザイク等かけておりませんので、何らかの不都合が有ればコメント欄にご意見下さい。

 

オレはコミケに参加したコトないので疑問がいくつかある。
1.家に籠っているオタクが何故大勢が集まる場所に出掛けるのか?
2.人と目を合わせて話すコトがないオタクが会場ではコミュニケーションするのか?
3.そもそもコスプレの人は、撮影されたいのか?
4.コスプレの人は、他の作品の人とはセックスしないのか?

コミケは夏と冬の年2回有るけど、「Anime Japan 2017」なるものが直近で開催されるというので、はるばる東京ビッグサイトまで行ってみた。

 

0.入場まで駅から1時間以上かかる

f:id:arara-oyoyo:20170326213638j:plain

f:id:arara-oyoyo:20170325224539j:plain

 国際展示場駅内からアニメだらけ

f:id:arara-oyoyo:20170325224610j:plain

f:id:arara-oyoyo:20170325224625j:plain

東京ビッグサイトに行くコトも久しぶりで、国際展示場駅からこんなに遠かったか?と思った。のもつかの間、真っ直ぐ入場できないのだ。
東京ビッグサイト東棟屋外駐車場(臨時)の方まで回り込んだ挙句、TDLの行列の如くつづら折りの後、入場するような次第で、AM11:00に国際展示場駅に到着したのだが、入場できたのはPM12:20だった。 どうりで、ショートカットで入場できるチケットが有るワケや。
ステージ参加できる人は留意する必要が有るわな。
まして、先着プレゼントなど早く行くと特典が有るみたいやけど、早朝から並ぶ人たちは果たして何時間かけて入場できるんやろか?

近くの人が言うとったけど、雨降っとったら最悪やわ。

 

行列のつづら折りには、コーンが最小の場所にしか置いてなかったし、係員が監視・誘導するワケでもないのに、列は整然と進んだ。
国際博覧会の例を出すまでもなく、中国などでアレな人種には考えられない状況。
その場で直接抗議することなく、SNSでねちっこく攻撃する人たちもいるので、暗黙の相互監視なのかもしれんけどね。

 

オレの後ろに並んでいる女性が言った。「やっぱり沢山人がいると、面白い人がいるね」
つづら折りの中、長身のセーラー服を着たオッサンがいたので、その人のコトを言っているんだな?と思った。
後ろの女性を見るべく振り返ると、1.8mぐらいの長身のゴリゴリのゴスロリがいた。

f:id:arara-oyoyo:20170326003831p:plain

f:id:arara-oyoyo:20170325224635j:plain

f:id:arara-oyoyo:20170325224644j:plain

f:id:arara-oyoyo:20170325224653j:plain

f:id:arara-oyoyo:20170325224706j:plain

f:id:arara-oyoyo:20170325224722j:plain

f:id:arara-oyoyo:20170325224734j:plain

1.家に籠っているオタクが何故大勢が集まる場所に出掛けるのか?

オレの周りのオタクとかゆとりの連中は、週末ほとんど出掛けん。
映画館など論外みたいで、ディスクで買うんやと。
そんな頑なに家を愛する連中が、うんざりするレベルの人数が集まる東京ビッグサイトに出掛けるのか?

結論は一つではないやろ。
ネトウヨ行動右翼がいて、その行動右翼の中にも暴力団のフロント的集団もいれば、宗教的執着によって集い行動を起こす連中がいるようなもんやろうね。
傍から見れば同類に見えるかもしれんけど、本人たちからは同じに扱われるコトを嫌うわな。
だから、イベントに参加する「オタク」は、語源とは異なって「オソト」とでも呼ぶべきかもしれん。

f:id:arara-oyoyo:20170325224751j:plain

f:id:arara-oyoyo:20170326014417j:plain

f:id:arara-oyoyo:20170325224834j:plain

f:id:arara-oyoyo:20170325224852j:plain

f:id:arara-oyoyo:20170325224910j:plain

f:id:arara-oyoyo:20170325224927j:plain

f:id:arara-oyoyo:20170325224939j:plain

このライブペイントしとる人は、松本零士が毛糸の帽子をとっているワケではない

f:id:arara-oyoyo:20170325224950j:plain

登場人物もストーリーも眠い「ACCA」の制服。現実は太い。

f:id:arara-oyoyo:20170325225019j:plain

エウレカセブンは楽しみやね。

f:id:arara-oyoyo:20170325225031j:plain

f:id:arara-oyoyo:20170325225111j:plain

f:id:arara-oyoyo:20170325225120j:plain

f:id:arara-oyoyo:20170325225143j:plain

f:id:arara-oyoyo:20170325225153j:plain

f:id:arara-oyoyo:20170325225202j:plain

f:id:arara-oyoyo:20170325225211j:plain

f:id:arara-oyoyo:20170326014539j:plain

このサイリウム屋さんは人気やった。なんでやろか?

f:id:arara-oyoyo:20170325232928j:plain

f:id:arara-oyoyo:20170325232943j:plain

こういったイケメンのアニメって女性用のズリネタなんやろ?

f:id:arara-oyoyo:20170325233002j:plain

f:id:arara-oyoyo:20170325233043j:plain

f:id:arara-oyoyo:20170325233053j:plain

f:id:arara-oyoyo:20170325233223j:plain

f:id:arara-oyoyo:20170325224809j:plain

f:id:arara-oyoyo:20170325233129j:plain

f:id:arara-oyoyo:20170325233102j:plain

これは間違いやろ?

f:id:arara-oyoyo:20170325225059j:plain

2.人と目を合わせて話すコトがないオタクが会場ではコミュニケーションするのか?

コミケに来るコスプレの人を撮影するには、了解を取る必要があるんやと。
コスプレするような根性座った人に、日常は日の当たらない場所を選んでいるような人が話し掛けるコトができるのか?
オレはカメラを持って行ったものの、果たしてお姉さんたちを撮影できるのか?

先日パシフィコ横浜で開催された「CP+」は、カメラの祭典だけあって、カメラを持った人ばかりだったんやけど、誰でも撮っていいよ的お姉さんには多くのカメラが向けられ、そうでないお姉さんにカメラを向ける人は少数やった。
予想に反し、「Anime Japan」でカメラを持った人は3割程度に感じた。
で、お姉さんの写真を撮っている人は?
オッサンばかりやった。
そもそものカメラを持った来場者がオッサンばかりと言えばそれまでやけど、下心を持った感じに見えんかったし、ネットで晒されているような気持ち悪いカメラマンは見かけんかった。
オッサンは平気で声をかけ、サラリと撮影する。
会場は人の声が聞こえないぐらい騒がしく、撮っていい?ってな感じでジェスチャーすればいいみたいやった。
難しく考える必要はなくて、被写体の人は一日に何千とシャッターを切られるし、そのコトを覚悟していないハズがない。
会場内は下界と違う。

ただ、オレも体験として撮影してみたけど、何の意味が有るんか? と途中から白けてしまった。

f:id:arara-oyoyo:20170325233243j:plain

f:id:arara-oyoyo:20170325233254j:plain

この女の人は高田馬場メイドカフェの人やない?

f:id:arara-oyoyo:20170325233322j:plain

総じて背景が明るく、ライティングが難しい。フラッシュ炊かんといかんか?

f:id:arara-oyoyo:20170325233140j:plain

f:id:arara-oyoyo:20170325233332j:plain

f:id:arara-oyoyo:20170325225007j:plain

f:id:arara-oyoyo:20170325233152j:plain

f:id:arara-oyoyo:20170325233206j:plain

3.そもそもコスプレの人は、撮影されたいのか?

コスプレする入場者は、着替えてから来る人もいたけど、専用の入口が有って、そこで着替えてるみたいやった。
大砲を腰に着けていてくれれば、艦これの人や。って分かるけど、オレみたいなニワカは、何のコスプレをしとるのか分からん。
そして、外国人もいっぱいおって、コスプレの人かどうかも分からん。
水色の髪の毛の人は、たぶんコスプレなんやろうけど、だんだん麻痺してきた。
何のコスプレか分からなければ、ほぼ興味が持てん。
撮影したいというテンションにならんので、様子だけ見とったけど、基本的にはコンパニオンの人を撮影するみたいに声を掛ければ応じているみたいやった。
想像でしかないけど、コスプレしたくてしとるだけで、撮影される云々は関係ない人もいれば、コンパニオンになるべくリクルート的にコスプレしとる人もいるみたいやった。
外国人コスプレーヤーの中には、アマゾネスとかバイキングのカッコしとる人がおって、ハロウィン的参加意識だけなんやろうけど、流行りとは関係ない人が微笑ましかった。

f:id:arara-oyoyo:20170326014620j:plain

f:id:arara-oyoyo:20170325233345j:plain

f:id:arara-oyoyo:20170326014653j:plain

f:id:arara-oyoyo:20170326014723j:plain

f:id:arara-oyoyo:20170325225221j:plain

f:id:arara-oyoyo:20170326014748j:plain

4.コスプレの人は、他の作品の人とはセックスしないのか?

これは知らん。

何も考えたくない時『トリプルX 再起動』を観る

f:id:arara-oyoyo:20170312220931j:plain

現在『トリプルX:再起動』が上映中やけど、『ワイルド・スピード ICE BREAK』の公開を控え、ヴィン・ディーゼルの売れてる感がハンパない。


オレにとって、初期の『ワイルド・スピード』シリーズは、ハリウッド版「Vシネ」であり、同時にヴィン・ディーゼルも二~三流の俳優にしか見えない。
同じカーアクション映画なら、『トランスポーター』のジェイソン・ステイサムの方が格上に見える。

 

ヴィン・ディーゼルジェイソン・ステイサムも筋肉系の俳優であり、筋肉系で浮かぶのは、アーノルド・シュワルツェネッガーやけど、『ターミネーター2』をワクワク観たところで、オレにとってシュワちゃんは、シルヴェスター・スタローンのパチモンにしか見えない。

 

『トリプルX:再起動』のもう一人の主役級はドニー・イェンで、『ローグ・ワン』でもそこそこメインの役で、『スターウォーズ』ファンは、初めて東洋人がメインの配役やっとるって喜んどった。


さて、やたら映画名やその俳優陣の名前を挙げて来たのには理由が有る。

1967年7月18日生まれ 50歳 ヴィン・ディーゼル
1963年7月27日生まれ 54歳 ドニー・イェン
1947年7月 3日生まれ 69歳 アーノルド・シュワルツェネッガー
1946年7月 6日生まれ 70歳 シルヴェスター・スタローン
1967年7月26日生まれ 49歳 ジェイソン・ステイサム

まず、『トリプルX:再起動』の主役2人が50代のオッサンというコト。
よー動けるわ。

そして、列挙した筋肉系俳優が全員7月生まれというコトだ。

すなわち…
7月生まれは筋肉馬鹿。
…という非の打ち所が無い論理が成り立つ。

 

さて、本題に入る。『トリプルX:再起動』の話。
これね、中国映画ですわ。
中国版のポスター見たら違和感無しですわ。
映像を観る限りドニー・イェンは脇役に過ぎないけど、主役みたいなレイアウト。

製作者側が中国の資本で映画を撮り、中国の狭い海外枠の優先権を得て中国で稼ぐ。
欧米人の伝統芸。
スポンサーを連れてくる日本のアスリートを大リーグやサッカーリーグに入れるが如し。

なんか嫌だな。
同類嫌悪なのか、国粋主義なのか分からんけど、どうも欧米映画に東洋人が主役級で出演するコトが手放しで喜べない。

だから、逆の視点で
中国映画にヴィン・ディーゼルが出演している。
とすれば違和感が無くなる。

f:id:arara-oyoyo:20170312221019j:plain

『トリプルX』自体は過去作が2本ぐらい有るハズで観ているハズなのだが記憶に無い。
そもそも、ヴィン・ディーゼル主演の映画は全て考えるコトが無いので、たぶんクチを半開きで観て、映画館を出る時には全て忘れてしまったのだろうと思われる。
筋肉映画ってそんなものだ。

というコトで、何も考えたくない時に最適の作品でした。


xXx: The Return of Xander Cage Official Trailer #1 (2017) Vin Diesel Action Movie HD

『アサシンクリード』は田舎のお経

f:id:arara-oyoyo:20170312220624j:plain

 以前、『ローグ・ワン』を観た後、「Yahoo 映画」を見てみたら、「ネタバレ」マークは付いているものの、映画評のタイトルが「まさか、ラストにあの姫が…」と付いてた。

スターウォーズシリーズに出てくる姫って、アミダラ姫も考えられるけどさ、『ローグ・ワン』の順番から言ってデニッシュ2つ頭に付けたあの人しかおらんやろ!?
答えをタイトルに書いてどうする!?
…と危険な「Yahoo 映画」ではあるけど、役に立つ時も有る。
『竿』と男性性器の隠語と同じ名称でも呼称される『劇場版ソードアート・オンライン』ね。
コレの映画評で「テレビシリーズ」を見ている人は超楽しめる的なコメントが多かったので、オレは観に行くのを止めた。
amazon prime video での放送が始まったけどもういいわ)


さて、『アサシンクリード』ね。
現在上映中の作品で優先度低いが、予告編ではなかなかスゴイっぽい映像だったので、どうすんべ?と「Yahoo 映画」を見てみると、まず全体評価が低い。
そしてレビューに「初めてアクション映画で寝ました」と有った。
いやいやいや、予告編はなかなかやったよ? と観に行って、オレもぐっすり寝てしもた。
ふっと起きて…
いや、おかしい! 衣装も装置も建物もよくできとるしアクションもいいよ。なのになぜオレは寝てしまった? とまた就寝。
はっ!と起き、ワケの分からんコトしゃべっとるな!? 字幕が英語と日本語の二段書きやんか! とまた就寝。
いやいやいや、あ、これ音楽のせいやない? という考えに至り、そこから最後までは起きとった。

 

田舎の葬式とか出ると坊主のお経長いじゃん。 あれよあれ。
単調な音楽が流れ続けるんよ。

 

世界観の設定とか、ちょっと無理有るけど、ユニークやったよ?
カメラアングルも、CGとドローンの実写と上手く混じっとったし。
でもさ、あの音楽はナイわ。
『ミッション・イン・ポッシブル』みたいな音楽流してワクワクさせんかい!

なんや、上映後「ゲームやってないから、よく分からなかった」というコメントを多く聞いたけど、ゲームが元ネタというコトは『ストリートファイター』と同じって考えればアレよりは全然マシやったと思うけどね。


というコトで、最近、あまり眠れていないな。という人にオススメの映画です。

f:id:arara-oyoyo:20170312220653j:plain

f:id:arara-oyoyo:20170312220720j:plain

f:id:arara-oyoyo:20170312220734j:plain

 

『ラ・ラ・ランド』のプリウス

「ラ・ラ・ラ・ランド」

「ラが多い!」

「失礼。噛みました」

「違う!ワザとだ!」

「噛みまみた」


…というコトで、ミュージカル映画は苦手やけど、『ラ・ラ・ランド』は観とかんといかんやろ、と出掛けた。

f:id:arara-oyoyo:20170307003830j:plain

ミュージカル映画を眺めると、「現代」を描いた作品がほぼ無い。
『サウンド・オブ・サイレンス』、『雨に唄えば』は語るに及ばず、『シカゴ』、『ドリームガールズ』、『バーレスク』などなど全部、古き良き「過去」が舞台や。
「現代」を描いたのは、『ブルース・ブラザーズ』ぐらいか?
余談やけど、『ブルース・ブラザーズ』は、当時の「Madness」「Specials」などの skaブームに乗って作られた映画って感じがする。 80年代 skaブームのファッション自体「過去」の洗い直しやから、なんとなく当時の「現代」かもしれんけど「過去」を感じるわな。

さて、『ラ・ラ・ランド』は珍しく「現代」をえがいたミュージカル。

ミュージカル映画が好きな人がニヤける様な古き良き「過去」の仕掛けが多々有った。

ミュージカルの文法として、「過去」風にせんといかんのかいな?

 

まず、最初の字幕からニヤけさせる。開幕って感じでね。
手書きの様な遠景、ファッション、シーン替わりなどなど古臭く作っているので、混乱しがちなんだけど、主役の女の人が乗っている車は「プリウス」だ。

日本もそうやけど、「プリウス」って一昔前の「カローラ」じゃん?
猫も杓子も、ボケた老人も乗る車じゃん?
まず、お話のエピソード的に、誰でも乗っているというコトが必要だったんで「プリウス」が選ばれたんやね。

また、これが2代目「プリウス」って辺りが絶妙なんよね。
初代だと古すぎるし地味過ぎて、運転する人までババアに見えてしまう。
3代目だとヘッドライトが嫌らしい。
最新型だと完全SFになってしまって、せっかくの「画面」がぶち壊しになってしまうし、先代までに比べると流通し尽くしていない。

そんな感じで「古臭さ」を演出しながらも、「画面」が破綻しないモノで構成されている。

f:id:arara-oyoyo:20170307004212j:plain

 映画の舞台として撮影所が出てくるんやけど、その映画に出とる人が、映画に出たいと思ってるという、『冴えない彼女の育てかた』というマンガの登場人物がマンガを描く的な? 『オーシャンズ12』でジュリア・ロバーツジュリア・ロバーツ役を演じる的な?

オレ的にモヤモヤするパターンのヤツなんやけど、これって『蒲田行進曲』のパターンやよね。
蒲田行進曲』は日本アカデミー賞受賞しとるわな。
撮影所を舞台にすると、アカデミー賞選考の業界関係者にウケるんやわ。 内輪受けするんやわ。
出た。 法則!

この内輪受けの怖さの実例…
とんねるず」とか「ナイナイ」のギャグがフジテレビの敷地内だけでウケて、一般視聴者には全然面白くもなんともない現状。
    ↓↓↓
女、子ども騙しのドラマを作り続けるフジテレビ。
    ↓↓↓
そして誰もフジテレビを見なくなる。
    ↓↓↓
起死回生を狙った『アナと雪の女王』を「ありのままに」放送できなくて、肝心の作品論よりフジテレビ論の方が目立ってしまうような事態にまで陥る。

な? 内輪(楽屋)受けだけやと、行末はフジテレビやぞ。アカデミー賞

 

そもそも、ラブロマンスなんて、出会って → 恋に落ちて → 別れるか永遠に続く の3段落ちしかないんやから、エピソードが重要やよね。

オレなんぞはガバガバになっているせいか、ラストの○○がよかった!などという感想を見ると、いやいや、あれ○○と一緒やし!と言いたくなる。
『Mad Max Fury road』のストーリーなんて、行って → 帰って来る それだけよ。 ストーリーだけ見るとアホやわ。 エピソードが肝よ。
で、『LA LA LAND』のエピソードはどうやったかというと…

よかったよ。

日本人らしく言い換えると…

悪くなかったよ。

…そんくらいなんよね。
どうも賞を取った作品とか大作って、理解せんといかん、感動せんといかんって、勝手に同調圧力感じるけど、構える必要ないんよね。

だからさー、オレがもし、恋に恋する乙女と『LA LA LAND』を観にいってたら…
上映後、目を真っ赤に腫らした恋に恋する乙女がオレに聞くんだよ。「どうだった~どうだった~」って。
オレは「よかったよ」なんて馬鹿なコト言いたくないから、「とりあえず 飯食って ホテル行って ゆっくり話そう」としか言えんと思うわ。(もっと馬鹿なんやけど)


俳優について。

主役の男の人は、マコーレー・カルキン君がマトモに育ったら、こんな顔になったと思う。
歌とダンス、そしてピアノが上手い。 演技とは思えん。 ピアノが弾ける人としか思えん。
タッパも有るし、天は二物以上を与える場合が有るわ。

主役の女の人は、目ン玉がデカイ! 舞台に栄える顔。と言えば聞こえはいいが、邪眼! 怖い。
そして安達垣 愛姫(あだがき あき/『政宗くんのリベンジ』)にタイマン張るぐらい、おっぱいがペッタンコ。 前か後ろか分からん。
おっぱいがペッタンコは、揉む時、気を使うよね。おっぱい揉むつもりが、心臓マッサージみたいになってまったり、アバラの間のネギトロこさぐ感じになってまうよね。 でもこういう人って、乳首が異常に感じる気がする。 乳首に乳腺集まっとるんやろか?
こういったクセのある顔は忘れんなぁ。

 

あ、カメラワークと音楽はよかったわ。

最初の渋滞中のミュージカルらしい展開のシーンは、カメラマンはどうやって撮影したんかな?って不思議なカメラワークやったし、二人が並んで歩くシーンとか、とにかくアングルが上手いんよね。
アングルに制約できてしまうんで、主役のセブが運転する車はオープンカーでないといかんのよね。とかアングル命!(両手を斜め下に広げ、片足立ちしながら)
エンディング近くで、ちょっと安っぽいシーンが有ったけど、それ以外は満点やった。

ミュージカル映画らしく、ケッコーな種類の音楽が流れるんやけど、プールの周りで開催されたパーティーの時の選曲が微妙やった。 年齢設定と合ってた?
主題歌的な"Mia & Sebastian's Theme"は覚えてしまったんで、エンドロールが終わって静かになったところで、オレが口ずさんでやろうか!と思ったぐらいやった。 そのシアターの全員から、ドリンクとかポップコーンバケツを投げつけられるやろうけど。

 

映画『夜は短し歩けよ乙女』の完成披露上映会 -NEWS!

映画『夜は短し歩けよ乙女』の「一般公開」は4月7日やけど、
「完成披露上映会」3月9日(木)に有る。
平日夕方6時半。六本木。
星野源のファンが多いんやろな。

チケットは、3月7日(火)0:00(6日(月)24:00)発売
中2日。 短っ!

 

f:id:arara-oyoyo:20170303102858j:plain

【日時】

3月9日(木)18:30の回
上映終了後に舞台挨拶

【登壇者(予定)】
星野源花澤香菜神谷浩史秋山竜次(ロバート)、湯浅政明監督

 

【場所】

TOHOシネマズ六本木ヒルズ スクリーン7

 

【チケット販売方法】

チケットぴあ一般販売(先着順)※座席指定できない。

 

【チケット販売開始】

3月7日(火)0:00

http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventBundleCd=b1755941

一般 2,000円

f:id:arara-oyoyo:20170303103054j:plain


プレミアボックスシート 3,000円

f:id:arara-oyoyo:20170303103108j:plain


プレミアラグジュアリーシート 5,000円

f:id:arara-oyoyo:20170303103119j:plain

「フロントリクライニングシート」は舞台挨拶向きではあるけど、「一般」扱いやろ?
座席指定でけんし、プレス連中が占拠したりするんかな?
座席指定でけん中で、「プレミアムラグジュアリーシート」が最高やろうけど10席しかない。お値段共にプレミアム。
やっぱり、妥当なのは「プレミアボックスシート」20席か?

f:id:arara-oyoyo:20170303110926p:plain

 

結果、アクセス集中ですぐにつながらず、1分後完売でした。とほほ…


 

追加情報:
翌日のヤフオクね。
10枚以上出品されてました。
締め切りまで7時間ぐらい有ったので、まだ値上がりするかもしれんけど、プレミアムボックスシート35,000円が最高額で、他は入札進んで1万円超えは当たり前。
ほぼ、必要以上の枚数を確保できた。とか、仕事で行けなくなった。とか理由が付いてたけどね。
チケットぴあのIDとヤフオクのIDを共通にしてくれたら、本当に欲しい人が定価で買えると思うんやけどね。

あとさ、映画チラシ6枚 350円。とか出品されとるけど、映画館のスタンドから抜いてきただけやろ?
すごいコト思いつく人おるわ…

f:id:arara-oyoyo:20170307142842j:plain

f:id:arara-oyoyo:20170307142851j:plain