読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画

『メッセージ(Arrival)』を観たものの…

5月公開の映画でそこそこ楽しみにしていた『メッセージ(原題:Arrival)』を早速観に行ったものの、結論から言えば、ワケ分からんかった。謎の来訪者の正体などどうでもいい。今更そんなコトが落ちになる映画なんて映画同好会だって作らない。原題『Arriva…

『ガーディアン ズ オブ ギャラクシー リミックス』を観ると、ベビー・グルートが欲しくなるけど…

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の新作が公開中なんやけど、原題が『Vol.2』で邦題が『Remix』となっている。(もっと細かいコト言えば、原題は「Galaxy」の前に「the」が入る)観れば分かるコトやけど、今作は前作を踏まえての話だし、最後はまだ続…

『美女と野獣』はそつがない

世間の人って根性悪い人多くて、公言しないから本人たち気付いてないけどさ… ディズニーファンって例外なく気持ち悪い人たちじゃん? 『美女と野獣』は、ネットで予約入れた時から席がかなり埋まってて、実際にほぼ満席だった。アニメ劇場版の『美女と野獣』…

映画『夜は短し歩けよ乙女』は原作ファンは観るべきでない

小説を原作とする映画作品が原作に勝てるワケがない。 それは重々承知。それを踏まえてもだ… 映画『夜は短し歩けよ乙女』は、テレビアニメ『四畳半神話大系』を創った輩。 原作の『四畳半神話大系』は実験的な作品で、涼宮ハルヒシリーズの「エンドレスエイ…

『キングコング・髑髏島の巨神』は毛皮版『トランスフォーマー』

『キングコング・髑髏島の巨神』は2種類のポスターも話題になっとったようだが…この映画は中国の資本が入った映画で、白人と黒人の中に、色白の中国人女性が無理やり出演するコトが画面をぶち壊しているけど、その他は、毛皮版『トランスフォーマー』って感…

『ひるね姫』ってそんなに悪くないよ。

『ひるね姫』は評価が高くない。評価が低い人の意見をまとめると…予告編で、『君の名は。』やと思ったのに、違っとった。…というコトみたいや。 確かに予告編だけ見たら、あんなにファンタジーシーンが有るとは思わんかったけどさ、そんなら『君の名は。』ま…

『SING』を観終わってイルミネーション・エンターテインメントのビジネスとしての安定感を知った。

いやぁ~、楽しかった。 終始ニヤけたまんまやった。 ストーリー自体に意外性は無いけど、エピソードの妙が笑えるシーンなのでネタバレは一切言わんけど、ニヤけるシーンの一つが、タヌキのグループが歌うトコやった。 某本人が歌っとるワケじゃないとのコト…

何も考えたくない時『トリプルX 再起動』を観る

現在『トリプルX:再起動』が上映中やけど、『ワイルド・スピード ICE BREAK』の公開を控え、ヴィン・ディーゼルの売れてる感がハンパない。 オレにとって、初期の『ワイルド・スピード』シリーズは、ハリウッド版「Vシネ」であり、同時にヴィン・ディーゼ…

『アサシンクリード』は田舎のお経

以前、『ローグ・ワン』を観た後、「Yahoo 映画」を見てみたら、「ネタバレ」マークは付いているものの、映画評のタイトルが「まさか、ラストにあの姫が…」と付いてた。 スターウォーズシリーズに出てくる姫って、アミダラ姫も考えられるけどさ、『ローグ・…

『ラ・ラ・ランド』のプリウス

「ラ・ラ・ラ・ランド」 「ラが多い!」 「失礼。噛みました」 「違う!ワザとだ!」 「噛みまみた」 …というコトで、ミュージカル映画は苦手やけど、『ラ・ラ・ランド』は観とかんといかんやろ、と出掛けた。 ミュージカル映画を眺めると、「現代」を描いた…

映画『夜は短し歩けよ乙女』の完成披露上映会 -NEWS!

映画『夜は短し歩けよ乙女』の「一般公開」は4月7日やけど、「完成披露上映会」が3月9日(木)に有る。平日夕方6時半。六本木。星野源のファンが多いんやろな。 チケットは、3月7日(火)0:00(6日(月)24:00)発売。中2日。 短っ! 【日時】 3…

『劇場版 オーバーロード』初日舞台挨拶付き 2017.2.25

2月25日(土)は、『劇場版総集編 オーバーロード』の公開初日。吹雪ちゃん(上坂すみれ)と大きな骸骨(日野聡)の舞台挨拶が有るというので行ってみた。いろいろ発見が有った。 「オーバーロード 不死者の王」初日舞台挨拶ありがとうございましたー!劇場版…

映画『夜は短し歩けよ乙女』の公開を前に

村上春樹の新作が出たとかで、ボジョレーヌーボーの如く、深夜0時に発売した本屋の映像を見た。オレは、『風の歌を聴け』、『1973年のピンボール』、『羊をめぐる冒険』までは好きだけど、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』以降は、なんだか…

『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』は、今の上映中ラインナップではオススメやけどね

ティム・バートンの作品を眺めると、多彩ではあるものの、総じて「影が有る」わな。 映画のバットマンシリーズで、クリストファー・ノーラン監督の『ダークナイト』が超ヒットした時、前作までのティム・バートンが監督した『バットマン』と『バットマン リ…

『劇場版 艦これ』MX4D に限らず…

4DX/MX4 上映記念コースター 何に使うんやろうか? 『劇場版 艦これ』のTVCMがまたやってて、2月11日から上映とか書いてあって、お?続き?とか思ったら、4DX版ってコトで、こうやってコアなファンから包み紙変えて、引き出すだけ出すんだなぁ。と感…

『虐殺器官』は日本映画の海外向け表現方法かもしれん

伊藤某の最後の作品らしいが、誰か知らん。この映画が上映されるコトは、上映開始日に知ったぐらい、予告編もTVCMも見かけんかった。ただ、なんか引っかかって、無の状態で観に行った。 絵が美しい ソファーとか、銃口とか、ところどころパースが狂っと…

『傷物語「III 冷血編」』は観に行けそうになかった

『傷物語「III 冷血編」』は、既に公開されているものの、オレは『I 鉄血編』、『II 熱血編』を観てなくて、テレビシリーズの『化物語』をやっとAmazon Prime で観終えたところで、その後の、『刀語』、『偽物語』、『猫物語(黒)』、『〈物語〉シリーズ セ…

『ドクター・ストレンジ』は箸休め

『Doctor Strange』、邦題『医者は奇妙』は、マーベルの新シリーズ。公開翌日、土曜日の立川「シネマシティ」2Dは、盛況だったけど、日曜日の海老名「イオンシネマ」吹き替え3Dは、5~6人の閑古鳥だった。 入館時、小さなポスターとヤクルトのクリアフ…

戦車道を極上爆音上映で観る王道

昨日元旦に「LIVE ZOUND」を体験したので、早速、「極上爆音」を体験すべく「シネマシティ」、作品は勿論、『ガールズ&パンツァー』!ま、正確に言うと、「ガルパン」を今もやっているって知らんかったけど、オレの情報源では、「極上爆音」は、『Mad Max F…

Live Zound を体験する為に、2度目の「君の名は。」

映画ナタリー「「君の名は。」「シン・ゴジラ」を最新鋭の音響装置LIVE ZOUNDで上映」で知ったので、元旦から川崎大師には目もくれず、「チネチッタ」へ。LIVE ZOUND ですよ。 LIVE SOUND じゃなくて、ザウンド!!中学生の時に知っていたら、英語のテストで…

『ローグ・ワン』は、3Dで観ない方がいい

オレは、博覧会や遊園地の3D動画が大好きなんだけど、映画においては3Dでいい思いをしたコトがない。立体に見えないんよ。今年の新年に、『フォースの覚醒』を IMAX 3D で観て、画面の広さには得した気分になったものの、あまり立体的に見えなかった。そ…

『艦これ 劇場版』で終始唖然とする

今年はアニメ映画の当たり年!ま、昨年までアニメ映画は、ほぼ観てないので、知らんけどね。『この世界の片隅に』で、絵が嫌いという先入観で見過ごしてしまいそうになるというミスを犯した反省から、ざわっと感じた映画は全部観る!と決めたんよ。で、『艦…

『聲の形』は辛かった

『聲(声)の形』は公開された時、一応、鑑賞候補に入れていたけれど、オレの鑑賞対象のシアター全部で公開されていたワケでないし、公開されているシアターも時間が合わなくて、観られず仕舞いやった。公開から2ヶ月経っていたけど、細々と上映し続けとっ…

『この世界の片隅に』はお盆に公開しなかったコトが偉い

『この世界の片隅に』は、映画館の本編上映前の予告で知って、「これは観ない」と決めとったんよね。キャラクターの絵が嫌いなのよ。『三丁目の夕日』(原作の方)とか、個性が有るのは認めるけど、絵が嫌いな漫画は観る気がせん。それと、戦争を扱った日本…

『Star Trek Beyond』は、トレッキーの分断を起こすか? 次作次第やなぁ。

『スタートレック』シリーズは、描かれる時代と放送・上映の時代は、前後するので、登場人物やアイテムで、時間軸が混乱するケースが有るわな。2005年のTVシリーズ終了以降は、劇場版だけだし、2009年の『Star Trek』で、J・J・エイブラムスが再構成したの…

『ジェイソン・ボーン』は、ブルーレイが出てからでよし

映画館の近日公開情報で、『ジェイソン・ボーン』が公開されるコトを知り、「再上映?」と思っていたら、過去作は、『ボーン・アイデンティティー』、『ボーン・アルティメイタム』、『ボーン・スプレマシー』、『ボーン・レガシー』で、『ジェイソン・ボー…

『FURY(フューリー)』が日本映画やったら、砲身の文字は「怒」やったワケや

『FURY(フューリー)』は、「米 vs 独」の戦車戦の映画。当然、ドイツは悪。 ナチのクソ野郎をぶっ殺す!モノの一つで、ナチの最後っ屁の強烈さが描かれる。アメリカ軍のシャーマン戦車は、ドイツ軍のタイガー(ティーガーI)戦車に比べ、わんぱく相撲の子…

『Hap and Leonard』は、胸くそ悪いまま最後まで観てしまう

あら?最近『Vシネマ』に接してないな。と思った。一時期、金が無いけど、映画っぽいモノが観たい!って時に Gyao で『Vシネマ』を観ていた。レンタルビデオ屋でわざわざ借りる程ではなかった。レンタルビデオ代が有るなら、ちゃんとした映画を借りるから…

個人ブログで映画を語る際、「あらすじ」は必要か?

観ていない映画の情報を得るのに「あらすじ」は有効。逆に、観ている映画の解釈や感想を知りたい時には、「あらすじ」は邪魔になるコトが有るわな。そもそも、映画の供給元や、ステマも含め有名人が書くブログやツイッターは売る側やから、いいとして、個人…

『Sully(ハドソン川の奇跡)』はガラガラ

邦題『ハドソン川の奇跡』は、原題『Sully』で、USエアウェイズ1549便不時着水事故の機長の愛称だった。確かに『サリー』では、青いモンスターが有名だし、何のコトか分からんわな。 さて、映画の方だけど、たぶん映画館で観るアドバンテージはそれほど無い…

『スーサイド・スクワッド』は糞!

毎度のコトながら、一切の情報を絶って『スーサイド・スクワッド』を公開二日目に観た。あれなんやね。マーベルじゃない方のアメコミなんやね。 ケッコーなTVCM打っとるわな。「史上最強の“悪カワ”ヒロインと10人の悪党たち!」らしい。オレはクレイジー…

『君の名は。』をカップルで観に行くヤツは偉い!

某サイトに『君の名は。』は、新海誠の最高作品だ。との記述が有り、新海誠は『秒速5センチメートル』しか観たことないんだけど、予告編を観て気にもなっていたので、公開二日目に観に行った。 大スクリーンでアニメを観るのは、超久しぶりってこともあって…

「シン・ゴジラ」を観た

fire TVを購入してから、映画館から足が遠ざかっていた。また、今夏の上映ラインナップは、ほぼ興味無かった。更に過去の「ゴジラ」は、ほぼ嫌いなので、今更なんで「ゴジラ」やねん!レガシーのゴジラファンを食い物にするだけやね、と思っていた。ところが…