読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

信長の最期を考える

写真・カメラ

f:id:arara-oyoyo:20161222220042j:plain

f:id:arara-oyoyo:20161222221300j:plain

織田信長(某フィギュアスケート解説者の先祖)は、羽柴秀吉が包囲する高松城への応援のため、途中、立ち寄った本能寺で、明智光秀クリス・ペプラーの先祖)のテロに遭遇して、くたばったワケやけど、秀吉が待っとるのに、京都でゆっくりしとんのよね。

1582年5月29日(火)
信長は、安土城を発ち、この日の内に本能寺に到着している。
 その距離約47km(GoogleMap測定)。

5月30日(水)
 知らん

5月31日(木)
 知らん

6月1日(金)
 茶会という名の飲み会

6月2日(土)
 未明、テロに遭遇

歩きやすい靴を履いているワケでもなかろうし、軽い素材のカバンを担いでいたワケでもなかろうし、なかなかの健脚っぷりで、1日で京都入りしとるんで、翌日の5月30日に休むのは分かるわ。 一日、ゴロゴロしとったんやろ。
翌5月31日は天皇に挨拶しに行ったんかな?
翌6月1日は「花金」やもんで、そりゃ飲み散らかすわな。終電も無くなって、始発の時間まで惰性で飲み続けたら、朝方は疲れのピークやわな。
よだれを垂らして、寝とる奴もおったろうし…
志村けんがやる酔っぱらいのサラリーマンみたいに、寄り目になっとる奴もおったろうし…
飲み放題のウイスキーは、最初「山崎」って言いよったけど、最後の方「トリス」やったろ?って文句言っとる奴もおったろうし…
厠に行ったはいいけど、ゲロが先か、ウンコが先か、悩んどる奴もおったろうし…
そんなトコに、暴漢がカチコんで来ても、「へ?何?」ってぽか~んとなって切られっぱなしやわな。

と、オレは本能寺の喫煙所で、歴史浪漫に思いを馳せとった。
本能寺は、オレが見つけただけで、境内に3箇所の喫煙所が有る、今時珍しい喫煙充実エリアやった。 焼失した寺のくせに。

f:id:arara-oyoyo:20161222222353j:plain

信長の最後は…


森蘭丸と組んず解れつしてたトコに暴漢が乱入してきたワケやから、森蘭丸のアナ~ルが痙攣して、ノブナガが抜けなくなってしもたんやな…

その姿、逆向きのケンタウロスの如し。
ケンタウロスの姿にて、信長は応戦せんとすれど、刃(やいば)は敵に届かず、槍も思うようにならず。
槍にて突かんと、左脚を踏み出すと、蘭丸が ブンッ と四つん這いのまま右へ旋回し、槍を振り上げると、蘭丸は フワッ と四つん這いのまま宙に浮く。
たまには蘭丸も応戦せんと、上体を起こすと、信長がアワワとのけ反って、横から見ると「ト」のカタチになる。
一方、信長を斬らんとする敵方も恐怖を感じていた。
手前下方には、相撲の仕切りのような体勢の蘭丸の顔が有り、上に目を移せば、少し遠くに信長の赤面した顔が有って、チューチュートレインの如く、はたまた円月殺法の残像のように動く。 これが伴天連の術か!?
なますの様に、蘭丸だけが切り刻まれる。
そうすると、一種、腹上死状態になり、更にノブナガは締め付けられて、信長は アッ! ってなり、腰砕けになった。
観念した信長は、腹を切ろうと、腰を落とそうとするも、蘭丸の肢体が邪魔で、上手く座れない。
不憫に思った敵方の兵士は、「御免!」と、連結部分を介錯した。
鮮血吹き出し、ノブナガが転がり落ちた。
ノブナガが抜けた蘭丸の尻の穴から、それまでノブナガに突かれ、溜まりに溜まった屁が吹き出し、それが灯りに引火し、爆発的に本能寺が燃えたのであった。

…こんな感じやったから、蘭丸は木っ端微塵。 信長の死体は、ノブナガが斬られたという最期の醜聞が世間に広がらないよう敵方の兵士が丁重に埋めてしまった。
…これが真実やと思う。

f:id:arara-oyoyo:20161222221053j:plain

f:id:arara-oyoyo:20161222221106j:plain

本能寺のオフィシャルサイトには…

本能寺の変を含めて、信長ははっきり記録に残っているだけでも合計4回本能寺に滞在しました。本能寺滞在の理由は3つあるといわれています
(中略)
理由2
本能寺の変当時の本能寺は今よりもっと大きく広く、またお寺の周りを高い塀と深い堀で囲い、とても安全なつくりになっていました。
信長はそんな立派で安全な本能寺が気に入っていたようです。

 …と書いたるけど、今の本能寺も立派な壁に囲まれとるんよ。

京都市役所の前やけど、本能寺はビルの谷間に有るんよ。
しかもビルとビルの間の細い隙間が、入口になっとるから、注意深く見とらんと見落とすわ。
ま、正面の入口はそこそこ広いけど、「寺町専門店会商店街」のアーケードの途中やしね。
新宿の花園神社みたいな立地やった。

f:id:arara-oyoyo:20161222220849j:plain

f:id:arara-oyoyo:20161222220903j:plain

f:id:arara-oyoyo:20161222220915j:plain

f:id:arara-oyoyo:20161222221202j:plain

f:id:arara-oyoyo:20161222221329j:plain