読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『傷物語「III 冷血編」』は観に行けそうになかった

f:id:arara-oyoyo:20170206131757j:plain

傷物語「III 冷血編」』は、既に公開されているものの、オレは『I 鉄血編』、『II 熱血編』を観てなくて、テレビシリーズの『化物語』をやっとAmazon Prime で観終えたところで、その後の、『刀語』、『偽物語』、『猫物語(黒)』、『〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』、『憑物語』、『終物語』など、続く作品は観ていないので、過去作を踏まえた上での『傷物語「III 冷血編」』は、公開中に絶対間に合わない。

てかさ、『傷物語「III 冷血編」』の予告編を劇場で観なければ、『化物語』さえも知るコトは無かったんやけどさ、まさか、こんなに多量のシリーズが発表済みやったとは!

スター・ウォーズ より多産?

しかも放送順番と描かれる時系列がテレコやし…

何れにせよ、『傷物語「III 冷血編」』は、気になるものの、観に行かないコトになりそうやわ。
何しろ、オレは、「劇場版『艦これ』」で失敗したばかりやでね。
…と思ってた。

テレビシリーズものの劇場版は、テレビシリーズを観た上で観ないと、その世界観を100%楽しめないわね。

お前は何でも知ってるな。

何でもは知らないわよ。知ってることだけ。

…とあきらめたが、某素人の映画評を何個か読んでみると…

羽川がいやらしい:東京都Aさん
羽川がいやらしい:神奈川県Bさん
羽川がいやらしい:千葉県Cさん

と、羽川がいやらしい らしい。
むむ!
ほっておいていいのか?
羽川のあのいやらしいパンツ以上にいやらしいシーンが有るならば、映画館の大画面で観る必要が有る!大画面だと何か見えるかもしれん!
もし、4DX版が有るならば、羽川のいやらしい香りがするかもしれない。 いや、しぶきが飛んで来るかもしれない!
おおおおおおお…

まあ、『化物語』を観終えた時点で、登場人物の人間関係は分かったし、ストーリーの構成ルールも分かったし、年末の Ameba TV で特番観たし、なんとなく経緯は分かる。

過去作を観てなくても、それなりに観てしまえる気がするのだけれど…

そうだよね。 おじょうちゃんがそう言うなら間違い無いね。

上映時間短いし。1500円やし
行ってみた。

f:id:arara-oyoyo:20170206131741p:plain

行くコトはない、と思っていたのであんま気にしとらんかったけど、この映画は来場特典というエサが有って、毎週特典が変わる。
オレは5週目に当たり、複製原画入りクリアファイルが全6種ランダム配布とのコト。
過去の特典と比べ最悪の特典。
なんというプレミアム!
コンプリートしたい人は最低6回観んといかんわけや。 6回で揃えられる可能性は超低い!
リアルガチャ?
現に、入場してみんなすぐ袋開けとった。
ヤフオクで高値売買されそうや。
ちなみにオレは阿良々木くんやったわ。 いらんから2千円で売ったるわ。オホホ
今日、現在6週目までの来場特典が発表されとるが、もし、7週目で、羽川のパンツが特典に付いて来るなら、もし全100種類とか付いて来るならば、おれは借金してでも通う。

 

さて、そんなワケで客の何人かはクリアファイル狙いやったワケやけど、オレは羽川がいやらしいのを観に来とるワケや。
ま、予告編で観て、CGを多用していそうだな。とは思っていたものの…
化物語』に比べるとメチャクチャCGが増えていた。

 

そして…
あら? 戦場ヶ原ひたぎがいない…
年表を見る。

f:id:arara-oyoyo:20170206131554j:plain


傷物語』は『化物語』より前の話か。
ってコトは、『化物語』に出とったキスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードは…
ああ、そういうコトか。
あぁ、なるへそ。

えっ? そしたら、『化物語』における阿良々木くんの羽川に対する態度って非道くないか!?
そりゃ~、女房と愛人と妾とセフレとスマホは新しいのがイイコトは理解できる。
しかし、羽川のアノ、アレは、細川ふみえのソレを思い出させるぞ。おい!
うどんをこねる様に、こねこねこねくり回してみたい。
そやね、羽川翼のアレは、ふ~みんをキャプチャーしとるんやね。 納得。納得。
そして、不幸な人生も… …をキャプチャー…
ま、ええがな。 漫画ごときで、オレ様が振り回されることは無いがな。あはは、あはは。

 

「私立直江津高校」ってコトからは新潟やし、wikipediaの『化物語』の「舞台」を見ると、“物語の舞台は架空の田舎町”らしいけど、『傷物語』の風景は京浜工業地帯とか○立競技場なんじゃないの? 田舎町ではないじゃんよ。と思ったけど、ま、それはいいや。

 

そして、ストーリーとしては、予想がつかんではないけど、よく出来とった。
一直線ではないところが、
最悪ではない不幸の落とし所が、

阿良々木くんらしいね。

羽川のいやらしいトコは、カップルで観に行っとる人たちが赤面するぐらいで、オレはそんなカップルを見てニタニタしとった。