読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ジェイソン・ボーン』は、ブルーレイが出てからでよし

f:id:arara-oyoyo:20161010015247p:plain

映画館の近日公開情報で、『ジェイソン・ボーン』が公開されるコトを知り、「再上映?」と思っていたら、過去作は、『ボーン・アイデンティティー』、『ボーン・アルティメイタム』、『ボーン・スプレマシー』、『ボーン・レガシー』で、『ジェイソン・ボーン』というタイトルが無いと分かった。
新シリーズやと。


いやいや、それなりに過去4作で終わっとるし。
今までのコト無かったコトにするんやろうか?と気になったので観に行った。
「ボーンシリーズ」は、そこそこ好きなシリーズやけど、映画館で観る必要が有るやろか?という懸念も有った。

 

ストーリーは、上手くできてた。
過去作から上手くつないでた。
「ボーンシリーズ」らしく、嘘やろ?って言いたくなるぐらい、ボーンの作戦は敵を上回っていて、お約束の階段を上ったり下りたりするシーンも良かった。

ただ…
カメラワークが悪い。
スタビライザー無しなのか、わざと揺らしているのか知らんけど、画面が揺れる。
フレームインする時、画角が一回行き過ぎて戻る。
なにしろ気持ち悪い。
オレが観たのは通常版やけど、「MX4D」や「4DX」でもやっとるらしいけど、十分に揺れる。

演出もあるやろうとは思うけどさ、群衆の中のアクションシーンなんか、何が起こっとるんか、ほぼ分からんかった。

気になって、家に戻って、過去作を見直してみた。
あぁ、揺れとる。 なるほど。
テレビ画面ぐらいやったら、その揺れは大丈夫。
家のテレビは視野の一部。でも、映画館の大画面は、視野の広範囲を埋める。

実際の視野に近くて、リアルなのだろう。
IMAX」で観たら、たぶんゲロする。

というコトで、ブルーレイとかネット配信されてから、改めて観てみる。