三十 させごろ 四十 しごろ

f:id:arara-oyoyo:20180118140530j:plain

三十 させごろ
四十 しごろ
五十 ゴザかき
六十 ろくに濡れずとも

女性の年齢と性欲を現した格言だ。

現在、どれだけの50代女性が、ゴザの上で腰を振り散らかしとるのか知らんけれど、まあ勢い余って、畳ぐらいはかきむしっているのかもしれん。

女性は、受動態から能動態に変わり、4~50代で性欲のピークを迎える。というコトがこの格言から分かる。
その点、男性の方は、10~30代が性欲のピークで、50代ともなれば性欲が有ったとしても、自分の息子が寝たきりで、パンツの奥に引き籠もり、ただただ、パッキンが緩み、オシッコの後に漏水するような始末。
なんとも上手くいかないものだなぁ。と思っていたら…


徳島県阿南市の町名でもある「十八女」は、「さかり」と読む。
そして、「十八娘」は、「ねごろ」と読むんやと。
更に調べると、「十六女」は「いろつき」と読むらしい。

即ち…
16歳で色気づいて、18歳で盛りというコトになる。

ほほぉ。これであれば、男女の性欲の時期は合致するコトになるわな。

というか、冷静に考えれば、「娘十八 番茶も出花(鬼も十八番茶も出花)」と言われたぐらいなので、14~16歳ぐらいの適齢期を過ぎて、やべぇ~ぞ、となり、スーパーマーケットの夜7時頃の惣菜のように、黄色いシールを貼るような感じで、「盛ってますよ~」とメロンの熟れ頃のような扱いだった。とオレは推測する。
が、しかし、現代を生きるオッサンのオレにとって、18歳の娘なんぞ、輸入される前のフィリピンバナナの如く、青臭くて食えたものではないように思えるが…

医学の発展や、食生活が安定し、暖房や冷房によって暮らしやすくなって、「死」が遠い存在になり、のんびり生きるコトができるようになり、結果、面構えものんびりして、眉間にシワを寄せるコトもなくなった結果、顔も老けなくなって、例えば、昭和30年頃の40歳と平成の40歳と見比べても、若くなった。と感じる。


そのように考えると、最初の「三十 させごろ」の格言も更新の時期なのだろうが、語呂の問題が有るので、「死語」でいつか消えてしまうのかしら。

ココス×ガールズ&パンツァー キャンペーン 2nd

f:id:arara-oyoyo:20180117220447j:plain

 本日、1月17日から、ココスでガルパンのキャンペーンが再び始まった。

最終章が始まったからやろうけど、第1弾の上映は終了しているし、なんだか中途半端なタイミングで始まったもんだ。

Amazon Primeもテレビシリーズと劇場版を無料放送やってたから、改めて見たけど、テレビシリーズの方は、何度見ても目頭が熱くなる。 特に秋山さんが。

ココスのキャンペーンの方に、今んとこ秋山さんは登場予定がないみたいやけど…

oyoyo.hatenadiary.jp

f:id:arara-oyoyo:20180117223812p:plain

で、早速、おかしなコトが有った。
ヤフオクに、1~3週までのクリアファイルが出品されとる。

なんで未来の分まで入手できとるん?
ゼンショーの内部犯行?
広告会社か企画会社のサンプル流出?

…と思ったら、発送は2月末やて。
オレだってできるがな。
7,000円も出してくれるなら、毎日、2食ぐらい食ったるがな。
10セットぐらい用意して、7万円稼ぐがな。

ココスが無い地域、例えば離島とかに住んどんのなら、お金出す人もおるんかいな?
思い付いて、実行するという根性が見上げたもんやわ。

f:id:arara-oyoyo:20180117220504p:plain

おもろまち @沖縄県おもろまち

f:id:arara-oyoyo:20180114155453j:plain

おもろまち」は、「那覇新都心」に有る。

おもろまち」が誕生したのが、吉本興業が沖縄進出した時期と近いコトから、オレはてっきり、明石家さんま辺りが命名したものとばかり思っていた。
「Desse Jenny(デッセ・ジェニー)」のように。


街を歩くと、「おもろキッズ」と書いたる。
うわ~、よしもと やらかしてくれたなぁ~、と思った。

f:id:arara-oyoyo:20180114155410j:plain
帰京後、ちゃんと調べてみると…

公募により1999年から住居表示の実施による町名変更で設置されたとのコト。
「おもろ」とは歌の意で、沖縄方言の「思い」から来た語である。

…とあり、よしもとの仕業では無いと分かった。

しかし、他所者にとっては、何とも気が抜ける感がある。

f:id:arara-oyoyo:20180114155437j:plain

 

f:id:arara-oyoyo:20180114155506j:plain

f:id:arara-oyoyo:20180114155519j:plain

沖縄のモノレールの切符は、磁気が付いたるけど、表裏が有って、自動改札機では印字したる方をタッチする方式で、切符の投入口は無い。

出る時は、自動改札機の端っこにぶら下げてる小さいゴミ箱に入れるという、なんとも平和な感じやった。

旧一等馬見所 @神奈川県横浜市

f:id:arara-oyoyo:20180113223038j:plain

 根岸森林公園は、横浜競馬場(根岸競馬場)の跡地で、旧一等馬見所は、かつての観覧席である。
すぐ隣が米軍の占領地で、客席はそちらを向いているので、先住民である我々日本人は、入口側を見ることになる。

f:id:arara-oyoyo:20180113223121j:plain

f:id:arara-oyoyo:20180113223152j:plain

誰に聞いたか忘れたけど、以前は管理がユルユルだったので、中に入れたみたいなのだけど、現在は立入禁止で、廃墟の中に入るコトができない。
公演の一部から富士山が見えるので、この建物に入れたならば、かなりいい条件で、富士山を見るコトができるハズやと思う。

f:id:arara-oyoyo:20180113223229j:plain

f:id:arara-oyoyo:20180113223245j:plain

しかし、この中にカフェとかレストランを入れるとか、稼ぐ仕組みが無ければ、改修するコトは単なる浪費にしかならんので、現状維持が正しいんかな?
なんか、惜しい巨大遺産やわ。

f:id:arara-oyoyo:20171106072906p:plain

f:id:arara-oyoyo:20171106072927p:plain

根岸森林公園は、JR根岸駅が最寄り駅となるけど、昔、駅周辺は海だったみたいだけど、公園は丘陵地というか、昔から陸地であった場所に有って、その高低差は崖になっていて、風景の変化もダイナミックなので、街歩きが楽しいエリアやわ。

新宿コクーンタワー @東京都新宿区

f:id:arara-oyoyo:20180109225124j:plain

新宿西口の正面に、異彩を放つビルが、『コクーンタワー』で、「東京モード学園」、「HAL東京」、「首都医校」が入る。
西口の高層ビル群は、古いものが多く、新宿住友ビル(三角ビル)や新宿NSビルなど中に入れば、吹き抜けになって面白いビルは有るものの、外観的には古さを感じ、都庁が唯一の異様な感じだったけど、新宿駅西口正面に有ることもあり、コクーンタワーが注目を集める。

f:id:arara-oyoyo:20180109225808j:plain

f:id:arara-oyoyo:20180109225826j:plain

f:id:arara-oyoyo:20180109225839j:plain

f:id:arara-oyoyo:20180109225914j:plain

f:id:arara-oyoyo:20180109225932j:plain

新宿駅から見るだけでは気づかないが、このサオタワーの根本には、タマドームが有る。
そのタマドームは、西口正面の中央通り側だけでなく、Lタワー側にも別の意匠のタマドームが有る。

f:id:arara-oyoyo:20180109225959j:plain

ビンビンにそびえるサオタワーの根本に、2つのパンパンに張ったタマドーム…

 

更に展望施設として、カリデッキでも張り出していようものなら、ウタマロの国の「ハリガタワー」として世界中で有名になったと思うけどな…
 

余談ながら、同じモード学園が入る名古屋の『スパイラルタワーズ』の方がカッコイイと思う。

一富士、以下いらん

f:id:arara-oyoyo:20180102223552j:plain

f:id:arara-oyoyo:20180102223604j:plain

元旦を御殿場で迎える。
富士山を見る為。


一富士、二以下省略や。
富士がゴールデンや。


昨年、上京したての地方人みたいに、富士山が見えるトコに通ったけど、なにしろ、雲がまとわりついて、1割もちゃんと見れてない。

富士山は高嶺の花や。
日本一の山だけに。

子どもの頃、富士山の麓で数日間キャンプしたで、知っとるんやけど、富士山のツルツル状態を見たければ、朝と日暮れしかない。
昼間、ツルツル状態が見えるなんて、宝くじが当たるぐらいの確率しかない。


御殿場の道路は、富士山を意識した法線が多いんやけど、マイロード商店街における、タワーコート御殿場みたいに、ぶち壊す建物が増えてるから、あの御殿場でさえ富士山は貴重品なんやけど、歩いて廻れば、意外な場所から見えたりするんで、発見が楽しい。

f:id:arara-oyoyo:20180102223617j:plain

御殿場の南東側には金時山が有るで、日の出の時間が少し遅い。
お陰さんで、散策中に初日の出に間に合った。
金時山の影だけに。

f:id:arara-oyoyo:20180102223452j:plain

f:id:arara-oyoyo:20180102223506j:plain

富士五湖は、ホント大きい。
夕方、外人だらけで、ほぼ日本人がいない、河口湖から富士山のほぼツルツルが見えた。昼間は雲まみれやったのに。

富士は日本一の山や。
もう、いっぱい見たで、もう見んでいいわ。

f:id:arara-oyoyo:20180102223526j:plain

美ら島エアーフェスタ2017 @那覇基地 2017.12.9~10

f:id:arara-oyoyo:20171217222809j:plain

 12月9日(土)と10日(日)の2日間は、那覇基地でエアーフェスタでした。

f:id:arara-oyoyo:20171217220344j:plain

f:id:arara-oyoyo:20171217220957j:plain

那覇基地の滑走路は、那覇空港と共有。
自衛隊機と民間航空機が共有するケースは他にも有るけど、百里(茨城)も三沢も民間航空機の発着数が極少数であるのに対し、那覇空港は、人気上位の観光地の入口であり、国際線も有しているので、四六時中、離陸と着陸が繰り返されている。


その間を縫って、エアーフェスタのプログラムが入るので、飛行展示は少なく、格納庫のステージで行われるショーがメインな感じのプログラムだった。
飛行展示だけピックアップすると、以下のとおりで、スカスカのプログラム。

9日(土)
12:20~12:30 T-4 機動飛行
14:00~14:30 F-15,E-2C,P-3C 合同編隊
15:30~16:00 F-15 機動飛行
18:30~19:00 F-15 ナイトフライト

10日(日)
11:00~11:30 T-4,U-125A 合同編隊
12:00~12:30 回転翼展示
15:00~15:30 T-4 機動飛行
15:30~16:00 F-15 機動飛行

f:id:arara-oyoyo:20171217220936j:plain

f:id:arara-oyoyo:20171217220820j:plain

f:id:arara-oyoyo:20171217220800j:plain

f:id:arara-oyoyo:20171217220421j:plain

初日の土曜日は、F-15 が2機組で次から次に飛び立って行った。
プログラムに無いので、他の基地と違い、デモンストレーションでないスクランブル発進だと思う。
E-2C も前触れ無く離陸していく。
遠い空には米軍の輸送機の姿も見える。

最近、他の航空祭では、1機しか来ない F-15 が沖縄ではウジャウジャいるので、離発着の撮影練習にもってこいって感じ。
乗りものニュース」によると、F-15 の半数は、ファミコン並の能力しかないらしいけど、そんなファミコンを撮るのに適している。
ついでながら、対艦番長(F-2)は1機が地上展示されているだけだった。

trafficnews.jp

f:id:arara-oyoyo:20171217220732j:plain

f:id:arara-oyoyo:20171217220835j:plain

f:id:arara-oyoyo:20171217220747j:plain

自衛隊機が飛ばない間は、民間機が次から次に離発着するので、滑走路を眺めているだけで楽しい。
しかも、滑走路と同じ高さの地上から観ているので新鮮。
なんだか、わざわざ羽田空港の撮影スポットまで出掛けて、練習していたコトが悲しくなるぐらいの充実っぷり。

 

9日は朝から夕方まで一日中、エプロンにいたので、機材の酷使っぷりも実感した。
何度も同じ機材が離陸したり、着陸したりしている。
STAR WARS ペイントの機材も何度も見たので、ありがたみが薄くなってしまった。

f:id:arara-oyoyo:20171217220443j:plain

f:id:arara-oyoyo:20171217220458j:plain

f:id:arara-oyoyo:20171217220513j:plain

10日、日曜日は、前日腹いっぱい観たので、行かなくてもいいかなぁ、とは思ったものの、確か米軍も日曜日は余り飛ばないはずなので、米軍基地に行ってもしょうがないと、昼からイベント参加。
記念ペイントの F-15 は前日、離陸したものの、民間機が大渋滞の為、編隊飛行が中止されていたので、なんとか、背中を写すべく期待して場所取りした。

f:id:arara-oyoyo:20171217220316j:plain

f:id:arara-oyoyo:20171217220246j:plain

f:id:arara-oyoyo:20171217220850j:plain

f:id:arara-oyoyo:20171217220358j:plain

 

 

f:id:arara-oyoyo:20171217220533j:plain

f:id:arara-oyoyo:20171217220922j:plain

f:id:arara-oyoyo:20171217220608j:plain

f:id:arara-oyoyo:20171217220703j:plain

f:id:arara-oyoyo:20171217220650j:plain

f:id:arara-oyoyo:20171217220553j:plain

 12月とはいえ、沖縄の日差しは強く、エプロンに立っているだけで日焼けしてしまった。
沖縄入りした翌日が雨だったので、なめていて、帽子とかサングラスや日焼け止めなど一切対策無しだった。


12月だからか、本土から離れた沖縄だからか、2日間の開催だからか、他の航空祭に比べ、お客はまばらで、動きやすく、とても気に入った。

沖縄の宿泊はピンキリで、リゾートホテルに行けば、それなりのお値段なのだが、探せばクソ安い宿泊場所がある。

那覇基地はモノレールの駅から近いし、苦痛に思うコトがほとんど無かった。

都合が合えば、来年も是非行きたい。

f:id:arara-oyoyo:20171217221031j:plain

f:id:arara-oyoyo:20171217221044j:plain

f:id:arara-oyoyo:20171217220332j:plain